2008年12月

イメージ 1



760の直方時代の画像も無く、飛んで762号機@福知山所属機のものでも・・・

場所は生瀬駅(福知山線)
ここは先輩の家が近くにあり、かなりの頻度で遊びに行ってました。
まだ腕木式信号機が現役の時代で、当然複線電化完成以前ののんびりした時代のものです。

ちょうど桜の季節で、この後は武田尾方面に歩いて、キハ82系まつかぜや凸客車列車を撮って遊んでました。

機体はデフロスタも汽笛カバーも無いもののスノープローで下半身が引き締まって見えます。
土曜日の四日市でもスノープロー装着機は、やはりかっこ良いなって感じた次第です。

もう一度、腕木式信号機、桜、雑編成貨物、なんて風景の中を走ってもらえませんかねぇ~?


さて、明日から正月休みでスノボ越年ツアーに出かけます。
また正月に帰ってきましても、バタバタして更新はかなり遅れるかも?・・・・
申し訳ございませんが、大らかに見守ってやって下さいませ・・・・・・

新製 菱重三原:1844     1972.03.16 新製配備1972.03.16 早岐  1987.02.09 廃車 福知山

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



先週は少し飛ばす様な事になってしまって申し訳ございません。

さて759号機からの再開です。
場所は大畑駅。肥薩線のスイッチバック&ループでの勾配路線で蒸気機関車時代より有名な場所でした。
ここで、真幸駅まで移動する時に乗ったのが混合列車・・・・
しかし夏休みのこの日は貨物が無い(苦笑)
凸凸の重連にオハフ1両のまったく可愛い列車が進入してきました。

759号機の機関士が後方確認しております。
で次位の機関車は1027~1031の熊本所属機だと思うのですが、1027はすでに先の本務機で撮ってます。
また吉松等にて1030、1031は撮ってますから、1028か1029だと思います。
残念ながら手元に号機を記した資料が残ってません・・・・
ともに愛知区にて活躍中(1029はリタイヤ?)のカマですから、ちゃんとメモしておけば、と悔やむことしきりです。

画像を追加しました。
先の磐越燃料輸送に活躍した759号機。
凸凸ダブル+DE10の後部補機付きの豪華な編成でした。
ありがとう、DD51って感じで見送ってました・・・・・・

新製 菱重三原:1841     1972.02.20 新製配備1972.02.20 熊本  記載時点 東新潟所属

イメージ 1



イメージ 2



昨日はクリスマスイブ♪
皆さんは如何お過ごしだったでしょうか?

さて、今朝のDD51は757号機です。
場所は吉松かな?
入れ替え作業に付いている所を、列車待ちのホームから撮りました。
ここに写っている、国鉄マン、全てが生き生きしていて、赤字線区だとかの思いより、鉄路を守っているといった気概を感じるのは私だけでしょうか?

古き良き時代、と言ってしまえばそれまでなんですが・・・・

757号機、九州釜としての標準的なスタイルだったと思います。

こちらも画像追加です。
磐越西線で会津鉄道向け気動車の甲種回送を担当した折の画像・・・
この日は猛吹雪?で途中駅で抑止、となったんでしたよね。

新製 日立水戸:20150-4  1972.02.25 新製配備1972.02.25 熊本  記載時点 吹田区所属

イメージ 1



イメージ 2



DD51の140両目は、月曜日の751に続く九州は肥薩線の754号機です。
実はこれは混合列車の後部補機で先頭には1027号機が牽引し大畑駅を出発して行くところです。
2枚目の画像は後に重複する事となるかと思うますが、1027号機を貼っておきます。
1両目の車両はオハユニ61で郵便と荷物の合造車両で旅客スペースたるやちょっとだけ(笑)
あとは貨物がゴトゴトと付いてました。
自分はこの列車に乗って来たので、大畑ループでは混合列車は撮れず仕舞い。
このあと設定されていた混合レは貨物ゼロでオハフ1、DDが2と言う珍編成でした。(真幸駅まで移動)

大畑ループではキハ82系「おおよど」を撮ったのみで、しかも何だかなぁ~。って画像で終わりました。
また、あそこに長大編成の列車が運行されませんかねぇ~?

754号機、オーソドックスな九州釜と言ったところでしょうか?・・・・

新製 日立水戸:20150-1  1972.02.11 新製配備1972.02.11 熊本  1987.02.09 廃車 吹田

イメージ 1



今朝のDD51 751も中部地区のカマでした。
関西本線名古屋口の電化完成前はこのようにのんびりとした客車列車で名古屋~亀山間を行き来してました。
場所は、四日市か周辺だと思います。
ナハフ10、オハ35、と連ねた旧型客車編成を牽引する、稲沢区のSG付きDD51は当時10両配置されてました。
661、662、712~714、717、746、749~751で他のDD51は800番台が17両。
亀山区のDD51も往来してましたので、関西本線はDD天国でした(笑)

やがて昭和55年に電化完成し、旅客列車の電車化が行われると彼らの衰退が始まったみたいに思えます。

で、751号機、全く温暖な地区向けのオーソドックスな車体と表現できるのではないでしょうか?

新製 菱重三原:1829     1972.01.25 新製配備1972.01.25 稲沢一 2002.03.25 廃車 愛知機関区

↑このページのトップヘ