2009年05月

イメージ 1


今朝の1066号機は仁山線?の単機回送・・・・
汽笛カバー、旋回窓、スノープロー、と北海道標準タイプ?

この頃(昭和55年頃)も仁山への補機仕業があったのかなぁ~?
もう勾配緩和線(藤城線でしたっけ?)があるので補機は付いてなかったとは思うんですが・・・

新製 菱重三原:1955     1974.02.02 新製配備 1974.02.02 米子  1998.10.19 廃車 五稜郭機関区

イメージ 1


今朝も宗谷本線塩狩駅に進入する、普通列車牽引のDD51 1063 号機です。
この機関車も昨日の1059号機と同じ旭川機関区所属でした。

しかし、天気が悪そうな画像ばかりですねぇ~(汗)

新製 菱重三原:1952     1974.01.14 新製配備 1974.01.14 米子  2007.03.30 廃車 鷲別機関区

イメージ 1


イメージ 2


今朝は宗谷本線塩狩駅での旭川方面行き貨物列車を牽引するDD511059号機。
夏の北海道で7連泊の夜行列車旅を続けて、さすがに自分でも臭いなと気付き塩狩のYHに投宿(汗)
温泉で汗を流し、久しぶりに朝ごはんって感じの食事を頂き、そして朝の列車を撮影したものです。

北海道もDD51がドンドン少なくなっていますが、昭和55年当時は旭川に29号機から1097号機まで35両も配属されていました。
今じゃ鷲別配属機でもそれを下回り、DF200の方が数量的には多いのですよね・・・・
サイドが逆光の中で暗いですが、旋回窓とスノープローはわかりますネ。

2009.5.28単機の画像が出てきましたので追加しました。
場所はどこですかね?塩狩ではなさそうですね?宗谷本線か石北本線かなぁ~?
後ろに、ポツンとトラが停まってますネ。

新製 日立水戸:20510-3  1974.01.31 新製配備 1974.02.03 米子  2010.03.31 廃車 鷲別機関区

イメージ 1


昭和55年当時、1055号機は岩見沢第二機関区の所属でした。
これは、画像がめちゃくちゃ汚いですが、音別~尺別で撮った釧路方面行きの重連貨物。
後ろの牽引機が何号機だったかは、記憶にも記録にも無いのです・・・・
岩見沢のカマが通常運用で根室本線まで入ってたのか?当時の資料は無いのでちょっと自信がございません。
でも、バックの水平線は記憶にあり。、ここまで歩いてきて、途中501号機や502号機を撮って撮影地を知らなかったので全部線路端(爆)

もう、今なら上から撮ったりいろいろ考えたのでしょうけど、当時は・・・・(汗)

新製 日立水戸:20500-4  1974.01.10 新製配備 1974.01.10 岩見沢二 1993.08.27 廃車 空知運転区

イメージ 1


今朝も小樽築港機関区所属のDD51で1051番です。
ラジエーターカバー無し、ボンネットにスピーカー付き、旋回窓、スノープロー装備の姿・・・

夏の冷たい雨の中の撮影で、めげて長万部で暇つぶしをしてた時の撮影だったかなぁ~?
蟹寿司が美味しかったので、何度も長万部で買ったのも思い出すなぁ~(笑)

新製 日立水戸:20450-7  1973.06.15 新製配備 1973.06.15 小樽築港 2001.03.19 廃車 鷲別機関区

↑このページのトップヘ