2009年10月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日の日本経済新聞の最終面「文化」は広田尚敬さんでしたね♪
添付されていた画像も函館本線のC6227号機・・・・
2号機や3号機とは違うってセレクトの、正面ドカン!って感じでした・・・・・
息子さんの泉さんとはお仲間のZ氏やR氏といすみで御一緒させて頂いた事はありますが、尚敬さんとはお会いした事は無いです。
あぁ~、つばめ流し、やってみたい(汗)

さて、今朝のお題は10月17日の8072レを牽引するDD511157号機と後部補機1152号機です。

昨日のオホーツクと同じ150kmポスト付近で、特急の10分後くらいにやって来ます。
更新機独特のディーゼル音を山間に響かせて、ソロリソロリと勾配を上ってくる様は、蒸気機関車時代にも通じるものを感じてしまいます。
しかも線路には無数の空転の跡が残っています・・・・
レールが数mに亘って削れているんですよ!!
凄い苦闘の跡、って感じでした・・・・・・

しかし、特急の時はズームを引いたりアップしたりしてるのに、何で本チャンではそれが出来ないんだろ?
情けないのはSL時代から、同じ事してる、と思え、進歩無いです(涙)
仕方が無いですね、プレッシャーに弱いんだ、きっと、って思っております(苦笑)

1157号機は以前の番号順のアップの時には帯広での画像を使いましたが、今回のも追加しておきます・・・

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

さて今朝の画像は石北本線週末御報告シリーズ、第4段・・・
土曜日の常紋150kmポスト付近を行く、183系DC特急「オホーツク」です。
カメラはNikon D300で、レンズはVR70~300・・・・・
この装備は、冗談で標準レンズ、って言っちゃうほど、鉄道写真には多用しております。

最初の画像はカーブから顔を出した所で300mmで撮影・・・
そして、170~180mmくらいで景色も入れて撮影し、更に200mm程度で手前のカーブで・・・

最後はグッと引いて70mmで、足元を通り過ぎるまで連写できました。
非常に軽くて、VRのお陰で手振れもあまり無く(本当か?ww)300mmでも数十分の1秒の世界で安心して撮れます。
以前のf=2・8の80~200mmは重いし、VR付いてない頃の製品なんで、今回も持って行きませんでした。

今日も凸無しで、申し訳ございません・・・・

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昨日は最後の文章で「明日は8073レで」と書いちゃいました。
しかし、空港に9時に着いて146kmポストまで来て撮ってる列車って8073レやん、と自分で反省ww
つまり、今朝のアップする列車は下り最終貨物の8075レ、でした。すみません・・・

さて瀬戸瀬で撮り倦んでいたところ、昨日のキハ40を撮った場所で、紅葉の山バックに撮るか?って決めちゃいました。
実際はキハ撮るまで、あっちへ行きこっちへ行き、とかなり悩んだんですが、最後は諦め、でした・・・・

この日の8075レは本務機DD511045(これは過去に室蘭本線礼文のカーブで撮ってました)
http://blogs.yahoo.co.jp/sunrise3jp/32361308.html

そして後部補機はDD511150・・・
これは初めて撮りました♪
嬉しいです。番号順にも後日整理してUPしますね・・・・

まぁ、道路から撮れてお手軽で済ますのには良かったかな?
全部が全部、編成入れての写真ではつまらないですしね(苦笑)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

さて146kmポスト付近の常紋峠を後にした我々は次に来る貨物列車をどこで撮ろうか?と悩んでました。
瀬戸瀬付近で良い場所があったような?って意見で「とりあえず瀬戸瀬へ・・・」となったんですね。
でも、何も当てはありません・・・・
まぁ、駅でもうすぐ来る特急オホーツクでも撮りますか?って感じで待ってました。
キハ183系のスラントノーズ+貫通型のしかも4両と短い編成で通過・・・・
北海道はY型のポイントが多く、かなり減速して入線→通過、となってますね。

通過後、バックの山に溶け込むように走り去りました・・・・・

そして次の普通列車はダムの横から紅葉の山を入れて撮影する事にしました。
綺麗な紅葉で、キハ40の白いボディが白飛びしそうな感じで撮ってしまいました(苦笑)
今朝はDDは無しです。
明日は8075レでスタートの予定です・・・・

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

さて土曜日は会社の模様替えをする、という社長の意見を振り切り、渡道(汗)
朝一番6:50フライト予定だったANAとエアドゥーの共同運航便に乗り込みました・・・
しかし、エアドゥーは羽田では冷遇されていますね。
B737-500使用の便だったんですが、乗り込みはバス&タラップ(苦笑)
雨が降っていなくって、良かったと思った次第・・・・・

とか何とか言ってたら乗り込み完了で、エプロンから誘導路、滑走路へとやたら時間がかかる・・・
結局、離陸できたのは7:23!
30分も待たせる羽田の管制官・・・・・

まぁ、良いのですが、旭川に無事到着し、ごじゃPさん、散歩道さんと合流・・・・
言いだしっぺだった、とらさん、仕事の都合でドタキャンとなってました(滝汗)

で、最初は愛別でオホーツク、次に白滝発祥の地で快速を見て、貨物は別の場所で撮るって事で移動。
最初の貨物は、146kmポスト付近で撮るとの事でした。
やって来た、8073レは赤更新機DD511076牽引、プラレール?1166号機が後部補機でした。
その昔、常紋にDD51を撮りに来てた時代は乗り鉄、撮り鉄、でしたんで、ここまでは来れなかったですね。
SL時代、トンネル越えて、とか聞いた覚えもありますが、DL化後は常紋で降りる人すら居なく寂しい場所でした。

しかし、土曜日は先客すでに10人以上?で賑わってました。
今週は北海道遠征御報告、を中心にアップしますね。

追記です。列車番号間違えておりました。この列車は8073レですね・・・
また1076号機、1166号機、ともに過去アップした番号順には載ってませんので、後日追加する事にします。

↑このページのトップヘ