2013年02月

さて紀勢本線の無煙化後、言わずと知れたDF50の天下となりました・・・

イメージ 1

紀勢西線での旅客列車もまだ多く設定されていた頃、DF50運用の西線での華は新宮夜行では?と思っております。
東線側には東京からの急行那智→特急紀伊が存在し続けましたが西線側にはこれでしょうか?・・・・

この日はDF50ダブル牽引の天王寺行き夜行列車。
オハネフ12とスハネ16が付き、座席車は5両だったかと思います。
まだ架線柱も立ってない、のんびりした非電化路線の大きな駅・・・
紀伊田辺でしょうか?・・・・

イメージ 2

それから何年か経ちこちらの画像には架線も既に張られてEF58や15も見えますネ。
DF5021号機と何号機かな?・・・・
場所は・・・・・判りません(汗)
新宮かと思うのですが、少し奥行きが足らない気もします・・・・


ゴミゼロ倶楽部も宜しくお願い致します・・・

昨日紀和駅の風情も趣があり良いな、と自画自賛したのですがw
その先の和歌山駅あたりで車内から蒸気機関車を撮ってました。
憧れのC57です。シゴナナ・・・

イメージ 1
C57119号機と読めます。
A型重油併燃装置と鷹取工場式集煙装置付きの、ぶさいくな方のシゴナナですが、撮った時気動車の車内で飛び上がるほどでしたw
隣にDD13のライトまでは見えてますが何号機かは不明(残念)

イメージ 2

こちらは再掲ですが、さよならワカヤマライン号を牽くC576号機@北宇智。
竜華区でC58やD51しか見た事が無かったオイラには、スマートなボイラ径と長身を思わせるスタイルの良さから憧れでした・・・・


ゴミゼロ倶楽部も宜しくお願い致します・・・

紀勢本線、和歌山市から出て紀和駅で和歌山線直通の路線(今は廃止)と和歌山駅に向かう紀勢線と分かれてました。
ここには多くの客車が留置されていましたし、カマ替えもしょっちゅう行われていました。

イメージ 1
それまで牽いて来たカマはC58型蒸気機関車。
何号機か読めません(涙)
230番あたりのカマを多く見ました。
今度岩手県中心に復活する239号機も一時奈良や周辺に居たので同じ頃のロットで生産された号機だと思います・・・

イメージ 2

C58の牽いて来た貨物列車に新たに付けられたのはDF5035号機でした。
ここから和歌山市までの牽引なんでしょうか?・・・
ちょっと変な感じがしますネw

昭和46年の懐かしいヒトコマでした♪



ゴミゼロ倶楽部も宜しくお願い致します・・・

さて怒涛の紀勢→四日市→衣浦→中央西線ツアーのご報告を終えて、ポッカリと穴が空いたようになってますw

その間に少しスキャニングしたりしていた過去画像の中から、やはり原点である、紀勢本線の画像を振り返ってみたいな、と思いました。

まず、昭和46年・・・w

イメージ 1

ちゅう房なオイラは和歌山駅で、どこから何が来るかも判らず待ち続けてましたw
和歌山市から来たのはC5788号機牽引の普通列車(たぶん紀伊田辺行きかな?)・・・

イメージ 2

区名札は紀伊田辺の田、です。
微妙に流れてるんですねww

ちょっとDF50に至るまでの紀勢本線(東西両線に跨ぎます)を掘り下げてみようかな?・・・・


ゴミゼロ倶楽部も宜しくお願い致します・・・

さぁ、いよいよ紀勢、四日市、中央本線と巡った先月ののツアーもこれで最終カット・・・

本当は伊奈川橋梁で終わりだったのですが、オマケって事でw

まさか追いつくわけ無いな、と思って一路中央道塩尻インターを目指して走ると倉本と上松の間くらいで追いつきました。
ISOは500のままで、シャッター速度は20分の1秒まで落ちてました。

イメージ 1

自分はこれでラストショットだったのですが、助手席のKたろーさんはこのあと車内から動画も・・・


フェイスブックアカウントをお持ちの方は動画も見れると思います。



ゴミゼロ倶楽部も宜しくお願い致します・・・

↑このページのトップヘ