今朝のC58は、アノ C58 231号機です。

あの陸羽東線の迂回急行「津軽」を牽引したことでも有名になった罐です。

場所は関西本線の柘植の駐泊所。
普段は草津線の後部補機として貴生川まで行き、そこから信楽線に入る運用のハズが、ここで遊んでましたw

C58231,D51841柘植支区

しかし、当時は紀伊田辺から転属したばかりで、潮風を浴びて煙室戸のザビが酷い感じですね・・・・

C58 231 号機は昭和15年5月に新製され竜華、そして紀伊田辺へ移動し戦中戦後を過ごします。
昭和29年に和歌山国に転属し10年後の昭和39年に再び紀伊田辺。
昭和46年度末に亀山区に移動するも翌年10月に小牛田区に転属しました。

迂回急行津軽の存在はこちらのサイトにアップされております。
http://kumanotaira-mura.travel.coocan.jp/tetsudou-rikuto.htm

973-04-12/木陸羽東線にて、迂6401レ 下り急行「おが2号」牽引(川渡→新庄)。前補機。座敷童子
1973-04-13/金陸羽東線にて、迂402レ急行「津軽1号」,迂403レ急行「津軽2号」牽引。(4月19日まで)座敷童子
1973-04-20/金陸羽東線にて、迂403レ、迂404レ急行「津軽2号」牽引。(4月24日まで)座敷童子
1973-04-24/火陸羽東線にて、迂404レ 上り急行「津軽2号」牽引。次位補機。

上記は機関車データベース「デゴイチよくはしる!」からコピーさせていただきました。

そして昭和48年10月に会津若松に転属入換専用となり昭和49年6月に廃車となりました・・・・